血液検査キット デメカル(DEMECAL)のご購入はお任せください

アイセルショップ

 

商品情報

 
   感染症 > HIVセルフチェック|DEMECAL(デメカル)血液検査
 
 
 
前の商品 HIVセルフチェック|DEMECAL(デメカル)血液検査 次の商品
 
 
HIVセルフチェック|DEMECAL(デメカル)血液検査

価格 : 6,480円(税込)
管理医療機器承認番号:21600BZZ00007000
数量
 

商品説明


 HIVに感染すると体内にHIVに対する抗体が産生されるため、血液中のHIVに対する抗体があるかどうかを調べる検査です。

AIDS:後天性免疫不全症候群

HIV:後天性免疫不全症候群の原因ウイルスである
   ※Human Immunodeficiency Virus

この検査はHIV抗体スクリーニング検査です。





【検査項目】

 ・HIV(エイズウイルス)抗体





【HIVの感染経路】


HIVのおもな感染経路は、「性行為感染」「母子感染」「血液感染」とされています。

HIV抗体検査は通常2回の検査を行います。1回目はスクリーニング検査で、2回目は確認検査です。

 なぜ2回の検査が必要かと言うと、HIV抗体スクリーニング検査ではHIVに感染していないのにもかかわらず、たまたまHIV抗原と反応する抗体を持っていて、検査結果が偽陽性(にせの陽性)となる人が通常1000人に2〜3人位いるのです。

 そのため抗体スクリーニング検査で陽性の場合は、本当にHIV感染による陽性か偽陽性かを確認する必要があるからです。

 この検査で陽性となった方には、医療相談サービスを準備しています。

・性的感染

 性行為による感染がもっとも多い感染経路となっています。精液・膣分泌液・血液中に含まれるHIVが粘膜を通り、血液中に入り込み、HIVに感染する可能性があります。性交でなくとも性器同士をすり合わせるような行為でもHIV感染の恐れがあります。

 また、肛門性交では腸粘膜に精液が接触しそこから感染するとされています。腸の粘膜は薄いため、HIVが膣性交より進入しやすくなり、感染リスクが高くなります。




・母子感染

 HIVに感染している母親が妊娠・出産した場合に、生まれてくる子供がHIVに感染している可能性があるといわれています。子宮内で感染する場合や、出産時の産道感染による感染も考えられる原因のひとつです。さらには母乳からの感染も確認されています。




・血液感染

 HIV感染者の血液が、傷や輸血によって血液中に侵入し、感染することがあります。ただ、現在の輸血では、HIV検査を事前にしている為、輸血や血液製剤からの感染率は低くなっています。一度使用した注射針を使いまわしといった医療事故などでの感染も考えられる経路のひとつとなります。



少しでも心当たりがある方は、検査を受けることをおすすめします。






【HIV検査目的での献血は絶対にだめです】


 献血された血液は、輸血される方の安全のために、さまざまなチェックを行っています。HIV感染初期の方の献血では、完全にチェックすることができない可能性もないとはいいきれません。


 また献血者ご本人へのHIV感染有無は通知されません。感染していても、血液が廃棄されるのみとなっています。輸血される方の安全の第一に考え、絶対にやめましょう。




 献血などの安全のためにも、HIV検査を行われることをおすすめいたします。



 

HIV検査は、保健所などでもできます。しかし、保健所で検査を受けることに抵抗を感じる方は少なくないと思います。

この検査キットは、自宅で簡単にHIV検査ができるというシステムです。